豊岡市城崎消防団 第一分団 やまと班
藤原範之さんの巻
藤原さん
 
「消防団に入団して」

 私の住む豊岡市城崎地域は兵庫県北部に位置し、城崎温泉で有名な観光地です。
 私は、今年の七月に消防団に入団しましたが、そのきっかけは、第一分団の副分団長を最後に、父が退団したことであり、父と入れ替わるように入団しました。昔から先のことは考えずに行動するタイプの人間でしたので何も考えずに入団しました。
 入団して一ヶ月半ぐらい経ったころ、町内で火事があり、出動しました。何もわからぬまま消防車の車庫に行くと先輩方がすでに準備しておられ、消防車に乗り込むとすぐに出発という感じで、現場に向いました。現場は家が密集している場所で他の消防車などはすでに到着しており、協力して消火活動をしていました。幸い、延焼もなくよかったのですが、この時初めて火災の怖さを間近で知り、また地元の消防団が一致団結して消火活動をしているところを目の当たりにし、目的のためにみんなが力を合わせると何でもできるのだという事を身をもって実感させられました。
この時以来、消防団の重要性と必要性をすごく感じました。また様々な世代の団員の方との交流が増えたことは私にとって本当によかったと思います。
 今後も定期的な訓練に取り組み、少しずつ知識や技能を身につけ、先輩団員と共に地域の安全のために頑張っていきたいと思います。

"" "" ""


戻る