市川町消防団下瀬加分団
北 和博さんの巻

北さん
 
「地域から信頼される消防団」

 市川町消防団下瀬加分団は市川町の東側の地域を管轄しており、住宅や林野での火災、さらには河川での災害などを想定し、日々訓練を重ねています。
 私は、平成十四年四月に入団して以来、ポンプ取り扱い訓練や地域の防災訓練のほかに、防災設備・器具点検を行い、日々尽力しています。
  入団のきっかけは、当時の分団長から「消防団に入らないか」と勧められたことです。それまでは全く興味がありませんでしたが、訓練を重ねる中、「地域の住民の生命や財産、そして家族を守っていくため、やはり消防団は大事だ。」と思うようになってきました。先輩方も親切で、時には厳しく指導してくださるお陰で、今では一通りのことを任せてもらえるようになりました。
  しかし、これまでに幾度か火災出動を経験しましたが、「もう少し早く放水できないか」「消防水利の位置の確認をするべきだった」など反省することも多く、これからも定期的な訓練を重ね、少しずつ知識、技能を身に付けていきたいと思います。
  最後に、これからの消防団活動は市川町の活性化に大きく貢献できるものであります。今後もあらゆる災害に対応できる精神力と技術力を養い、明るく住みよい町づくりに貢献していきたいと考えています。



戻る