高砂市消防団 荒井分団 二班
浦野 芳丘さんの巻

浦野さん
「消防団に入団して」

私は平成一一年四月に現在所属する高砂市消防団 荒井分団 二班に先輩方より誘いを受け、入団しました。当初は消防団とはどのような活動をしているのかも全く解らなく、もし火災や災害が発生したときに自分には何が出来るのか不安で一杯でしたが、訓練や地域活動に参加するにつれ、先輩から丁寧に指導して頂いたお陰で団員として活動していく事への不安は無くなっていきました。
消防団の活動の中でいつも感じるのですが、火災などが発生した際には、迅速且つ高度な対応が求められるので、消防団員は訓練の充実とともに地域住民の防災訓練の支援や防災意識の啓発が、より一層必要であると感じています。なぜなら、荒井町は車が入れない程の細い路地が多数あり、その奥に住宅が密集しているところもあるので、迅速な対応が必要であるからです。
 また、近年、消防団員の確保が困難な地域もあり危惧されております。日中の災害では分団員が遠方で働いている為、人員が揃うことが出来ず苦慮しているのも事実であります。消防団は、地域住民の命と財産を守っていく為に非常に重要な役割を担っていると思いますので、人材確保への工夫と組織の更なる強化に努めなければなりません。私たち若手消防団員は、地域の皆様が安全で安心して暮らせるよう、迅速な消防活動をするための技術と知識を向上させていくとともに、先輩方々が築いてこられた伝統を大切にし、更なる発展へ向け活動していきたいと思います。



戻る