加古川市消防団加古川分団
田中博志さんの巻

田中さん
「地域から信頼される消防団」

 加古川市消防団加古川分団は、加古川市の中心部を管轄しており、市街地や林野さらには河川においての火災や災害を想定し、日々訓練を重ねています。
  私は、平成十四年四月の入団以来、総合訓練、定例訓練、地域の防災訓練や防災設備・器具の点検等、日々尽力しています。入団のきっかけは、当時の分団長から「一緒に消防団で頑張っていかないか。」と強く勧められたことです。それまでは全く興味がありませんでしたが、初めて訓練に参加したとき、「家族は固より、地域や市民の生命、財産を守り続けていこう!」と強く決意しました。先輩方も親切で、時には厳しく指導してくださるお陰で今では、一通りの事を任せてもらえるようになりました。これまでに、火災出動が何回もありましたが、夜中でもサイレンと警鐘の音が聞こえてくると、『パッ』と目が覚め、現場確認をしてしまう程です。
  今後は、緊急出動や日々の訓練は基より、懸念されている東海地震、東南海・南海地震に備え、生命、財産の大切さを地域や市民に解ってもらえるよう努めるとともに、地域の方々と一緒になり、防災活動に励んでいきたいと思っています。



戻る