尼崎市消防団
阿部めぐみさん・渡邉有里子さんの巻

阿部さん 渡邉さん
地域の方々に愛される消防団を目指して

 私たちは二人とも「消防士になりたい!」と思っていました。しかし、残念ながら年齢制限があり諦めかけていました。そんなとき、女性でも消防団に入団できる事を知り、「消防士になりたい!」という夢を違う形で実現しました。
 「なぜ消防に?」とよく聞かれますが、単純に市民の方々の役に立ちたかったからです。
 入団当初はそんなに活動もなく、研修や行事の簡単なお手伝いだけでした。
 それでも何もかもが物珍しく、はじめはそれだけでも楽しかったのですが、先輩方の「もう少し積極的に活動したい」という雰囲気を感じたとき、私たちもそう思うようになりました。
 現在の活動は、幼稚園での防火啓発活動(手作り紙芝居、オカリナ)、消防訓練の参加等です。男性が大多数の中、女性ならではの活動を行っています。活動していく中で、市民の方の喜びの声を聞くと、本当にやりがいを感じます。
 今は、防火啓発のネタ作りに励んでいますが、これからは、もっと地域の催しに参加し、地域の方々へ防火を呼びかけて行く計画です。派手な活動ではありませんが、防火を呼びかける事により「一人でも多くの命が助かれば・・・」という熱い思いを胸にメンバーは頑張っております。
 尼崎市消防団の女性消防団員は、皆、熱い気持ちをもって活動しています。 毎回、私達の要望に応えて助けて下さる消防局の方々にも深く感謝しております。これからは、女性消防団員の存在をもっと知って頂き、地域の方々に愛される消防団を目指して頑張ります。

私たちもがんばっています


戻る