南あわじ市消防団 広田分団
奈良 克彦さんの巻
奈良さん
 
「消防団に入団して」

 私が消防団に入るきっかけとなったのは、春祭りの獅子舞の練習に参加したときのことです。青年団の先輩方も消防団に入団されていて、練習の合間に消防団の活動について説明を受けました。ただ、私は高校卒業後、島外での大学生活を経て、就職し故郷に帰ってきて間もなかったので、説明を聞いても全くどんな活動なのかイメージできなかったというのが正直な感想で私にできるのか不安がありました。しかし、同郷の友人達が消防団の活動について話している時の表情がいきいきとしていて、誇らしげでした。同じ歳ながら頼もしく見えた友人達の表情に私は背中を押され入団を決意しました。
実際に入団してみると活動は非常に多岐に及びました。活動に参加する中で、初めての木造家屋火災現場は火災の怖さを体験しました。
火災当日は、一日中強風が吹いていました。深夜、サイレンを聞いて家を出ると火災現場がどこにあるか煙ですぐに判りました。現場に着いた時には、すでに先輩方が活動しています。消火栓開閉を消防隊員の指示に従って行うよう分団長から指示がありました。初めての火災現場で訓練もほとんど受けたことがなかったので指示に従っている間は周辺を見渡す余裕もなく、煙が収まっていくのを緊張しながら開閉を繰り返すだけでした。改めて火災現場を直に見てみるとただ驚くだけで、少しの間唖然と見ていました。
この火災現場を体験して、私は日々の訓練の大切さがよく理解できました。先輩方の行動は迅速かつ正確で日々の訓練の賜物だと観て感じました。私も日々の訓練に励み、まだ微力ながら大好きな地域の安全に貢献できるよう頑張ります。



戻る