10月24日(木)、横浜市消防訓練センターにて、第18回全国消防操法大会が行われました。
 この大会に兵庫県地区消防操法大会小型ポンプの部で優勝した宍粟郡一宮町消防団チームが兵庫県代表として出場し、小型ポンプの部で23チーム中、第5位の好成績を上げ、見事優良賞を受賞しました。
 一宮町消防団チームは6番目に登場。雨天という悪条件をものともせず、一宮町からバス3台で駆けつけた大応援団の前で、見事な操法を披露されました。
 惜しくも優勝、準優勝にはわずかに届きませんでしたが、優勝、準優勝のチームとの差は本当にほんのわずかであり、兵庫県代表の名にふさわしい実に素晴らしい操法を演じられました。
 選手の皆様、一宮町消防団関係者の皆様、選手のご家族の皆様、本当にお疲れ様でした。そして、おめでとうございます。
 なお、兵庫県代表の入賞は平成8年の第15回大会の神崎町以来の快挙です。

 ※兵庫県代表チームの過去の入賞記録
  第11回 昭和63年  加美町消防団 7位
  第13回 平成4年  神崎町消防団 4位(準優勝)
  第14回 平成6年  神崎町消防団 3位(準優勝)
  第15回 平成8年  神崎町消防団 7位


選手の皆さんと団長のひとこと    

指揮者 岸根正朋選手   良い経験をさせて頂きましてありがとうございました。
1番員 四辻友宏選手   お世話になった皆さん、どうもありがとうございました。
2番員 森本崇嗣選手   90点は出したかったけど、出なかったのがちょっと残念です。
3番員 大井浩造選手   いろいろありがとうございました。
補助員 粕谷忠明選手   良い経験をさせて頂きました。本当にありがとうございました。
          
一宮町消防団
    長野隆一団長
全力を出し切って悔いのない操法をやってくれたと思います。その結果、5位入賞を果たせましたので充分に満足しております。8ヶ月にわたって消防団で選手の皆さんを御家族から取り上げていましたが、これでやっと家族の皆さんにお返しすることができます。どうもありがとうございました。

     
第18回全国消防操法大会成績表
○小型ポンプの部 ○ポンプ車の部 
順位 都道府県名 総合得点 タイム(秒)
 1 広島県 91 42.60
 2 岐阜県 89.5 42.72
 3 青森県 89 42.80
 4 岩手県 88 41.27
 5 兵庫県 88 41.62
 6 滋賀県 85 41.44
 7 宮城県 85 42.95
 8 千葉県 84 41.78
 9 群馬県 82 39.93
10 大分県 82 43.28
11 島根県 82 45.83
12 佐賀県 80.5 42.96
13 岡山県 79.5 45.92
14 東京都 79 41.21
15 山梨県 78.5 41.99
16 愛知県 78 43.28
17 愛媛県 78 43.77
18 鹿児島県 78 45.71
19 奈良県 73.5 43.19
20 新潟県 71 44.53
21 京都府 71 48.35
22 福島県 67 48.07
23 山口県 65.5 46.89
 
順位
 
都道府県名
 
総合得点
 
  タイム(秒)
 第1線  第2線
秋田県 180.5 49.22 59.40
福岡県 180 51.53 61.21
鳥取県 179.5 51.05 60.09
石川県 178 51.80 60.40
静岡県 177.5 52.91 60.70
神奈川県 176.5 51.63 64.52
高知県 175 50.15 61.04
宮崎県 171.5 55.25 64.33
長崎県 166 53.57 60.45
10 和歌山県 165 56.22 63.58
11 福井県 162.5 51.74 62.45
12 三重県 162 51.72 59.68
13 富山県 161.5 52.47 65.80
14 栃木県 160 54.60 61.57
15 長野県 159.5 53.77 64.42
16 香川県 159 52.74 64.22
17 熊本県 158 55.18 65.89
18 茨城県 158 56.04 69.48
19 山形県 152 52.67 67.90
20 埼玉県 151 51.58 62.40
21 徳島県 150 51.80 67.03
22 大阪府 148.5 50.90 64.53
23 北海道 140.5 55.34 69.12
24 沖縄県 115 88.63 75.82
(注)本表は、大会において発表された結果を聞き取りまとめたものであり、主催者の公式発表記録ではありません。


大会グラフティー


戻る