丹波市消防団市島支団 団員
秋山 晃二さん(34歳)の巻

秋山さん
 

 私が消防団に入団したのは11年前になります。私の地域は就職すると同時に都会へ出る若者が多いためか、地元にいる若者が少なく、就職するときには消防団への入団は覚悟していました。

 どのようなことをするのか訳のわからないうちに初めて法被を着て、年末警戒をしました。変な話かも知れませんが、不安と妙にワクワク感があったのを覚えています。もちろん、火災等の緊急時や訓練は気を引き締めて出動しますが、現在でも団員が集って色んな話をして楽しく活動できることや団員同士の繋がりなどは私にとって大きな財産です。現場での消火活動などはこの結束力が威力を発揮し、消防団の魅力はそこにあると思います。「消防は辛い…大変…」しかし、同じするならそれ以上に消防を楽しみたいと思います。これからも今までの経験を生かし、地域のみなさんと一緒に大切な命と財産を守っていきたいと思います。




戻る