姫路市飾磨消防団 八幡分団 分団長
正木 敏博さん(52歳)の巻
正木さん
「地域防災を願って!!」

1 ほんとうに生きた学習をさせるため。
 姫路市飾磨消防団八幡分団は、地域のボランティア活動として、平成12年から管轄区域内にある姫路市立夢前中学校の職場体験学習「トライやる・ウィーク」で、毎年4〜5人の生徒を受け入れ、地元中学生の育成を行なっています。
当分団では、人と出会い、人間関係を築き、温かさやその大切さ、素晴らしさを実感させるとともに、働くことの厳しさや社会でのマナーを身につけさせ、自ら進んでやる姿勢、耐えるがまん強さを知り、自分を成長させることの一助となれば。と考えてこの事業に参加しています。

2 まずは規律訓練から
  指導期間はわずか一週間と短いのですが、毎日違ったメニューを考え、生徒たちが色々な体験が出来るよう配慮しています。まずは規律訓練、実際に分団車両を使用しての放水訓練、姫路市消防局通信指令室の見学、CPRの講習、最後に地域への火災予防広報等々を行い、消防団がどのような団体で、どんな活動をしているのかを理解してもらえるよう頑張っています。

3 最後に一言
 我々消防団員は、一週間続けて仕事を休むことが出来ず、期間中は分団員全員がお互いにやりくりし、指導に当たりました。しかし、後日生徒から「有難うございました。」の礼状が届くたびに、「今年もやってよかった。来年もまた頑張ろう。」と考えています。

職場体験学習の様子   職場体験学習の様子


戻る