多可町消防団 八千代区中野間分団 班長
宮崎 秀吉さん(34
歳)の巻

宮崎さん
「団結力で悲願達成!!」

 早いもので、平成9年の入団から10年が経とうとしています。
  私の住んでいる地区は、消防団に入団することがあたりまえのような感じで、ごく自然に入団しました。定例訓練、消火栓点検、年末警戒など地味な活動も多いですが、分団の仲間と一緒に頑張っています。
  操法大会の時期になると、連日連夜の練習が続きます。昼間の仕事中でも知らず知らずのうちに操法の動作を意識していることに気づき、苦笑することもしばしば…。周囲の人達からは「ほんまに大変やな一」とよく言われますが、消防団活動に理解ある職場にも恵まれ、地域のみなさんに支えてもらってるなーと実感しています。
  指揮者として出場した第21回兵庫県消防操法大会ではポンプ車の部で優勝という成績を残すことができました。地区予選から長期間に渡って頑張ってくれた選手とサポートしてくれた分団の仲間、家族、まさしくみんなの団結力で勝ち取った栄冠です。みんなで一つの事を成し遂げた達成感に浸っての祝杯は美酒で格別でした。
  また、地域の祭り、地域住民を対象にした消火器、消火栓等を使用した初期消火訓練指導などさまざまな活動面でも、このチームワークが生きています。
消防団活動が地域のみなさんの生命と財産を守るということだけではなく、世代を越えたコミュニケーションの手段として役立っているんだなと実感することも多々あります。
  火災や自然災害など消防団活動は大変ですが、この団結力を武器に今後も頑張っていきたいと思っています。

操法大会
 
初期消火訓練


戻る